鍵を作ってもらえる

ドアノブ

自宅の戸締まりを行う鍵は、元鍵と合鍵があり2つ所有することができます。子どもがいる家族であれば、鍵を持たすとなると本数が足りないということもあります。そろそろ鍵を持たせようと考えている方は、鍵屋に行くと良いでしょう。鍵屋では家の元鍵と同じ形状で作ってもらうことができ、子どもに持たせることができます。鍵屋で合鍵を作る際に持っていくものは、元鍵だけではありません。自宅や駅などにある鍵屋にもよりますが、身分証明証の提示が必要とされるお店もあります。鍵屋に足を運ぶ前に、何を持参したら良いか前もって確認しておいた方が良いでしょう。直接鍵屋に連絡をして、持参物の確認ができるので、電話しておくと良いでしょう。

合鍵が作るための費用としては、お店や鍵の種類、素材よって設定している金額が違います。1万円以内で作ってもらうことができますし、その金額を超えることもあります。ですので、合鍵を作ってもらう前にどれくらいの費用がかかるのか、事前に調べておくと良いでしょう。金額の相場としては、鍵の大きさとやデザインによって違いますが、1万円以内で抑えられます。鍵屋に足を運び完成するまで待たなくてはいけません。5分で作ることもできますが、2週間かかることもあります。長い期間かかる場合は、また鍵屋に足を運ばなくてはなりません。ですが、鍵屋の業者の中には自宅まで来てくれるところもあります。ですので、何度も足を運ぶ煩わしさを感じることはありません。